はちじょうらいふ

移住者から見た八丈島の魅力を紹介する情報ブログ

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

子連れも嬉しい!八丈島は赤ちゃんの海水浴デビューに最適【底土海水浴場】

さて、夏といえば海。
海といえば海水浴。

夏休みの思い出に、せめてひと夏に一度はビーチに行きたいですよね。

 

八丈島はダイビング目的の観光客も多いです。
なのでダイビングについて書きたいところですが、うちはまだ子どもが小さいので、大人だけで楽しめるレジャーはまだできないのです…


その代わり、子連れファミリーにおすすめな海水浴スポットは紹介します♪

八丈島は子連れで海に行くには最高なので、小さなお子さんがいる方も夏ならではの海水浴を楽しめますよ!

赤ちゃんでも安心して遊べる【底土海水浴場】

一番のおすすめは底土海水浴場。

東京から船で来るとき(東海汽船の橘丸)到着するのが底土港。
そのすぐ隣にあるのが底土海水浴場です。


f:id:hotate8:20240707193248j:image


こちらが子連れファミリーに限らず、いろんな世代の方に本当におすすめなんです!

おすすめポイント① 波が少なく浅いので、乳幼児も安心。

底土海水浴場に行くと、手前の海が堤防で区切られていて、まるで天然の大きいプールみたいになってるんです。



f:id:colibli:20160829213903j:plain


向かって右側は波が直接入らないからすごーく穏やか。

全体的に浅いので、子どもが入りやすいスポットです。

0歳児が波打ち際に座って足だけ海に浸かっていたり、1~2歳くらいの子どもが砂遊びをするのに最適。

子ども用の浮き輪を持っていれば、子どもも怖がらずに海に入れます。


30~40mくらい奥へ入ると大人でも足がつかなくなるんですが、とにかく穏やかなので、泳ぎに自信のない方もシュノーケリングを楽しめます。

魚も結構いますよ!

こちら側は子連れファミリーが多いですね。



ただ、カップルや大人の方は穏やかな海が物足りないかもしれません。

でも大丈夫!

堤防?を挟んで左側は、適度に深さも波もある満足度の高いビーチなんです♪

おすすめポイント② ダイビングやシュノーケリングに最適!

底土海水浴場は、6月くらいからダイビングをしに観光客が訪れます。

地上からダイビングスポットまで歩いて行けるし(堤防に階段がついているため入水しやすい)、なんといってもウミガメが見られるビーチなんです!

島民は、午前中の早い時間や仕事終わりにシュノーケルひとつ持って海に入り、ウミガメと一緒に泳いでいます。毎日サクッと海に入れるなんて島暮らしならでは!


 

午前9時前か夕方17時過ぎが海ガメの多い時間帯。

でもダイビングショップの方が「ウミガメがいたら一緒に写真を撮りますね~」という説明をしてるのをよく見かけるので、昼間でも結構いるんじゃないでしょうか。

ウミガメと一緒に泳げるなんて良い思い出になりますね!

おすすめポイントその③ 海の家がおしゃれ

夏休み期間中、海の家がOPENしてます。

毎年、海の家を営業する事業者は変わるため、毎年テイストが違います。(島の中の飲食店やキッチンカーが海の家の営業を担当)


 


▼数年前はこんな感じでした。※この年は『酒池肉林』さんが営業。

かき氷からラーメン、カレー、しらす丼、スナックなどなど。メニューも豊富。
ソフトドリンクもお酒も充実してます。



f:id:colibli:20160829213808j:plain



今年は島内のキッチンカー3台が一緒に営業するスタイルみたいです。

 

おすすめポイント④ 疲れたら室内で休める

子連れだと、子どもが体調崩したり、おむつ替えや授乳、お昼寝やらなんやら…
海で遊ぶのが億劫になっちゃう要素が結構ありますよね。

底土海水浴場はすぐ隣に客船待合所があって、自由に入ることができるので、いざという時とても助かります。



f:id:colibli:20160829213051j:plain


新しい建物なので全体的に綺麗だし、トイレにおむつ交換台、授乳室も完備。

おまけに子どもが靴を脱いで遊べるスペースもあります(おもちゃはないけど絵本は少々あり)。

 

基本的に建物内にはあまり人がいないのもポイント。

そもそも客船は朝10:00頃に東京へ向けて出港してしまうので、それ以降はガラガラです。

たまに掃除の方が入ってきたり、東海汽船の事務所があるのでそちらの方が出入りするくらい。


クーラーも効いていて静かなので、子どもがお昼寝しちゃったらこちらで休むとお母さんも楽ですね。

ちなみにFree Wifi飛んでるんで、パソコンも快適に使えますよ!

16時くらいに閉まるみたいです。

まとめ

八丈島は羽田から飛行機で50分。
一日3便出ています。

湘南や伊豆に行くよりずっと楽にビーチレジャーを楽しむことができますよ!

赤ちゃんの飛行機デビューにも無理のない時間で、おまけに海水浴もできちゃいます。

海の予定を立てるなら、八丈島を候補に入れてみてはいかがでしょう?